9/18(土)より 岐阜の陶芸家 竹下努さんと、名古屋の木工作家 南裕基さんの展示が始まります。 凛としたイメージのある白磁や漆塗りの器ですが、お二人の作品はその手跡から、彼らの人柄が滲み出たかのように柔らかい印象を受けます。 日常の生活に取り入れやすく、急なもてなしにもササと対応してくれるような頼もしい器になります。どうぞこの機会にご覧ください。 -竹下努プロフィール- 長野県長野市出身 岐阜県立多治見工業高等学校の専攻科(陶磁科学芸術科)で学ぶ 卒業後、多治見市市之倉の工房で7年程務めた後、独立 @tebucuro -南裕基プロフィール- 1984年 京都府生まれ 2007年 日本福祉大学社会福祉学部卒業 児童福祉施設に就職 2012年 岐阜県で木工を学び、愛知県の工房にて勤務 2016年 愛知県蒲郡市にて制作開始 @minamiyuuki -ご購入- 会期終了後にtoutouオンラインページでの販売を予定しております。お問合せは、お電話・メールフォームにてお願いいたします。